昼休みを利用して有名な枝垂桜を見物に行ってみた

今日のお昼は、一時的に事務所を閉めて、桜の見物に行くことにしました。

彼氏が事業主だからできることですね。

小学校の校庭にある桜なのですが、有名な逸話があるらしく県外でも有名だとか。

実際、バスツアーが組まれていて、お客さんで賑わっていました。

また、始業式・入学式後は児童の安全が優先されるのが当然のため、車での来校や校庭への立ち入りは禁止ないしは制限されます。

学校の敷地では足りず、近くの休耕地を駐車場として開放し、見物客向けの露店もちらほら。

平日なのに結構賑わっていました。

他の桜はまだまだつぼみでしたが、その枝垂桜は見事な花をつけていました。

八分咲きぐらいでしたが、非常に優美な姿に満足できました。

雲がほとんどなく晴れていて、風も穏やか。

空気はまだ少し冷たいものの、逆に凛とした雰囲気になっていてとても素敵でした。

あるおじさんが語るには、桜は花・枝・幹のバランスが重要なんだとか。

同じ木でもそのバランスが美しいポイントが写真を撮影するのにベストなんだそうです。

そのおじさんの近くから撮影してみましたが、古いスマホにもかかわらずよい写真が取れました。ミュゼ クレーム 電話